FC2ブログ

血液検査

血液検査の結果を比較する表を作ってみた。
(2008年12月24日~)


*↓画像をクリックすると、表が別窓で開きます。↓*
blood-test_img.jpg

略称検査項目正常値(基準値)単位
TP総タンパク質6.3-8.1g/dL
AST(GOT)アスパラギン酸
アミノトランスフェラーゼ
9-38IU/L
ALT(GPT)アラニンアミノ
トランスフェラーゼ
4-36IU/L
G-GTPγ-グルタミル
トランスペプチターゼ
4-68IU/L
ALPアルカリホスファターゼ60-201IU/L
LDH乳酸脱水素酵素125-237IU/L
BP総ビルビリン0.3-1.3mg/dL
DB直接ビルビリン0.0-0.3mg/dL
CHEコリンエステラーゼ男 203-460
女 179-354
IU/L
FER-30-50ng/ml
----
CA-8.4-10.2mg/dl
PTHインタクト-14-66pg/ml


【TP】
 TPは血液中の栄養状態を表し、TPの異常値は肝臓機能の異常の指標となる。

【AST】
 ASTとは肝臓に存在する酵素である。肝機能に異常があると、ASTが血液中に溶出し、血液検査の検査値が上昇する。
特に、ASTの上昇の方がALTより大きい場合、早期急性肝炎・肝硬変・アルコール性肝障害・自己免疫性肝炎・肝ガンなどが疑われる。

【ALT】
 ALTとは肝臓に存在する酵素である。肝機能に異常があると、ALTが血液中に溶出し、血液検査の検査値が上昇する。
特にALTの上昇の方がASTより大きい場合、急性肝炎・慢性肝炎・脂肪肝などが疑われる。

【G-GTP】ガンマ-ジーティーピー
 G-GTPは胆道系の酵素である。特にアルコールによる肝障害に反応しやすく、G-GTPの値が特に高い場合、アルコール性肝疾患が疑われる。
また、鎮痛剤などの薬の影響で値が高くなる場合がある。

【ALP】
 ALPとは肝臓に多く含まれる酵素である。アルコールや薬によって上昇しやすい。また、肝臓の異常だけでなく胆のうや胆管の異常で上昇することもある。

【LDH】
 LDHとは肝臓に多く含まれる酵素である。肝機能に異常があると、肝臓のLDHが血液中に溶出し、血液検査値が上昇する。
また、LDHは心筋にも多く含まれ、心疾患でも上昇する。

【BP】
 BPとは赤血球に含まれているヘモグロビンが古くなって変化したものである。
BPは肝臓で処理され、胆汁として排泄されるが、肝臓や胆道系の機能に異常があると、BP値が高値を示す。

【CHE】
 CHEとは、肝臓でのタンパク質合成の指標である。

【FER】
 フェリチンとは体内で鉄イオンの解毒、貯蔵に関与している鉄結合タンパクのこと。
胆嚢や脾臓に多く存在しており、炎症などがあったとき組織から放出されます。
フェリチンがとくに重要視されるのは、がんなどがあったときこの値が上昇する現象がみられるため腫瘍マーカーとして利用できる点です。フェリチンの値が高い場合は、肝がん、膵臓がん、胃がんの転移、肺がんその他婦人科系や泌尿器科系のがんが疑われますが、フェリチンの値だけから特定臓器の異常を判断することはできません。

【CA】
 カルシウムとは99%が硬組織(骨や歯牙)に含まれ、残りの1%が軟部組織や細胞外液中に存在します。
この検査は、Ca濃度の異常から、その原因疾患の診断を目的にしています。
管理者にだけ表示を許可する

DOCTORS
Dr.A掌蹠膿疱症
A病院(総合病院):皮膚科/部長・年配・男性
Dr.Bバセドウ病
A病院(総合病院):内分泌化/年配・女性
Dr.Cヘルニア/巻き爪
B整形外科:整形外科/中年・男性
Dr.Dヘルニア
B整形外科:整形外科/医院長?・年配・男性
Dr.EC型肝炎
A病院(総合病院):消化器内科/年配・男性
Dr.F甲状腺準全摘出/術後
A病院(総合病院):乳腺外科/中年・男性
Dr.G手術入院中担当
A病院(総合病院):乳腺外科/研修医さん・若い・女性
Dr.H薬のアレルギー
A病院(総合病院):皮膚科/中年・女性
Dr.I薬のアレルギー
A病院(総合病院):皮膚科/研修医さん?・若い・男性
Dr.JC型肝炎
A病院(総合病院):消化器内科/部長・年配・男性
Dr.KDr.Fがいない時の術前術後担当医?
A病院(総合病院):乳腺外科/中年?・男性
Dr.L : /
 ・ ・