FC2ブログ

老化と痴呆とアルツハイマーとボケ④

父が検査入院で1泊する為、1泊で母守に行ってきました。
自分の病気をさておきながら・・・・・
なかなか微妙な状況は、良くならず老いは、どんどん迫ってくるばかり。
結局のところ、なんだかんだとドサクサにまぎれ、痴呆のテストを受けた母。
完全に痴呆と診断された上に、かなりすすんでるそうだ。

その上ここに来て、父もボけ始めた?
父の場合、痴呆などと言うより年齢的なものなのだが・・・・・

10数年前に叔父が亡くなった。
亡くなる前の数か月の入院生活を見て、父は「子供の世話には、ならないで老後を過ごす」と夫婦で話し合い、マンションのような?ホテルのような?老人ホームに入った。

2人とも医療的な面では、全てとも言えないが相手がプロなのだから信じて任すしかないと思っているようだが・・・・・
看護?ヘルパー的な面では、母は絶対的に他人どころか家族も信じない人なのに、どうなんだろう?と思っていたら、
案の定・・・・・父が留守にしている間1人ではいられないのは理解しても、ホームの方を部屋へは入れたくないし、増して部屋を留守にする訳にはいかないと思っている。

母の内科的な病状(痴呆を含む)を診て下さっているDr.が「どなたか、きちんとお話しのできるご家族と1度お話しさせて下さい」と父の前で母に言ったらしい。
父は憤慨してDr.に食って掛ったそうだ。
それだけを聞くと「なんて失礼なDr.なんだ?」とも思うが・・・
実はその前にDr.の前で数回父と母は派手にバトったらしい。



 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 >鍵コメさん

いつもご心配ありがとーm(_ _)m
やっぱり、ちょっと忙しいですね・・・
なんだか上手に時間を使えてないようです。
要領が悪いんですよね。
両親も日に日に寂しがる?みたいで、時間がとれれば実家に行くようにしてます。
何をする訳でもないんですけどね・・・・・
管理者にだけ表示を許可する

DOCTORS
Dr.A掌蹠膿疱症
A病院(総合病院):皮膚科/部長・年配・男性
Dr.Bバセドウ病
A病院(総合病院):内分泌化/年配・女性
Dr.Cヘルニア/巻き爪
B整形外科:整形外科/中年・男性
Dr.Dヘルニア
B整形外科:整形外科/医院長?・年配・男性
Dr.EC型肝炎
A病院(総合病院):消化器内科/年配・男性
Dr.F甲状腺準全摘出/術後
A病院(総合病院):乳腺外科/中年・男性
Dr.G手術入院中担当
A病院(総合病院):乳腺外科/研修医さん・若い・女性
Dr.H薬のアレルギー
A病院(総合病院):皮膚科/中年・女性
Dr.I薬のアレルギー
A病院(総合病院):皮膚科/研修医さん?・若い・男性
Dr.JC型肝炎
A病院(総合病院):消化器内科/部長・年配・男性
Dr.KDr.Fがいない時の術前術後担当医?
A病院(総合病院):乳腺外科/中年?・男性
Dr.L : /
 ・ ・